スキンケア

食べる日焼け止め!チョコレートで肌を守ろう

楽して美肌を手に入れたいという人に朗報!

美味しいチョコレートを食べ続けることで、肌老化の主犯、紫外線にも負けづらいキメ肌を手に入れることができそうです!

あやぽよさん、ダイエットしてるとか言ってまたチョコなんか食べてるんですか
ベビぽよ
aya-poyo
もうすぐ本格的な紫外線季節だからね
何か関係あるんですか?
ベビぽよ
aya-poyo
チョコレートで紫外線への防御力が上がるんだよ
へー、そうなんですね!早速食べよう!
ベビぽよ
aya-poyo
あ、甘いチョコ菓子じゃダメだよ。ビターチョコレートね!
ガーン
ベビぽよ

チョコレートを食べ続けるだけでぷりぷり肌に

紫外線がさまざまな肌トラブルを招き、老化させてしまうことはもう多くの人がご存知でしょう。

紫外線から身を守るためには、日焼け止めを塗る、日傘や帽子などでブロックするなど、紫外線を浴びないという方法がひとつ。

しかし、どんなに気をつけていても紫外線を丸ごとブロックすることはできませんし、骨の強さをサポートするビタミンDを作るためにも、完全にブロックしてしまうのはよいこととはいえません。

そこで必要となるのが、紫外線を浴びてしまっても、ダメージを受けないようにするインナーケアです。紫外線を浴びると体がダメージを受けるのは活性酸素が大量に発生するからであり、そのために抗酸化作用が高い食品をとることがよいということはこれまでにもいわれていました。

その中でも最近になり、紫外線防御作用が高いことで注目されるようになったのがダークチョコレートです。

高カカオポリフェノールを摂取した研究によると、以下のような変化が現れたそう。

  • 皮膚の弾力アップ(3カ月後)
  • 紫外線B波を受けたときに肌に赤みが出現するまでの時間(最小紅斑量)が長くなる=つまり紫外線への防御力が高まる(6カ月後)
  • 肌のキメが整う(6カ月後)

これらの変化から、肌の炎症が抑えられ、肌のターンオーバーなどの働きが正常化されたことが考えられます。

大切なのは食べ続けること!ダークチョコレートのストックを

食事で取り入れた栄養は体内に長くストックしておくことはできません。ですから、日々、継続してとり続けることが大切

70%以上カカオを含んだダークチョコレートを1日25グラム程度摂るのが目安。しっかり摂り続けるために、ストックしておくのがおすすめです。

毎日チョコレートを食べるなんて太りそうと思うかもしれませんが、カカオポリフェノールには、満腹中枢を刺激して食欲を抑えるとか、便通をスムーズにするといった働きもあるため、高カカオ含有のチョコレートを毎日30グラム以内ならば肥満にはつながらないそうです。

ほかにもチョコレートやチョコレートドリンクを継続してとることで、皮膚の厚みが改善して肌水分量やバリア機能が向上したとか、皮膚の血液循環が改善したといった研究結果もあります。肌の血流が改善されれば、くすみやくまの改善にも期待大!

ざくろをプラスすれば夏の日差しも怖くない!?

ざくろもチョコレートに負けず劣らずの紫外線防御食品。

ざくろに含まれるエラグ酸は化粧品にも配合される美白成分で、よく知られているアルブチンの何と100倍もの美白作用があるのだそう。ほかにもいろいろと特殊な抗酸化成分が含まれていて、それらの成分が肌の炎症を抑えてくれます。

紫外線を受けると肌のバリア機能の中心であるセラミドが減少して、肌が弱い紫外線からもダメージを受けやすくなり、炎症が続いて老化を進めてしまうということは「そもそも肌のバリア機能って何ですか?」にも書いた通り。

そんなときでもざくろをとっていると、炎症を抑え、バリア機能を立て直してくれるかもしれません。

また、紫外線を受けると肌の奥で弾力を保っているコラーゲンなどの線維も傷ついてしまいますが、ざくろに含まれる成分はコラーゲンが壊されるのを防ぎながら、線維芽細胞というコラーゲンを生み出す細胞の寿命まで伸ばしてくれるものがあるとか。

まさに、美肌効果、底なし!

残念ながらなかなか手に入らない果物ですが、見つけたらぜひ食べてくださいね!

 

 

 

 

 

-スキンケア

Copyright© キレイ上々 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.